2022年06月04日(土)08:58  EMの日へようこそ(第616号)
DSCF1051.jpg 640×480 126K
 写真は「黄色唐辛子」です。今年は黄色唐辛子と鷹の爪唐辛子「=八房唐辛子」を合計150本程度植えました。販売もしますが鳥獣害対策にも唐辛子は有効です。「EMストチュウ」と「EM激辛君」に使いますが、ストチュウは焼酎や酢や唐辛子やニンニク等が必要ですが、「EM激辛君」は「唐辛子」のみを発酵させて辛み成分を抽出したものですので、随分と安価にできます。毎年200肇織鵐で作っています。
 ただ唐辛子を150本程度植えたのは良いのですが、その手入れがこれまた大変でした。丁度今が手入れ時期なので、オクラ植えが滞り3分の1に減らさざるを得なくなってしまいました、本日はモロヘイヤを植えていますがそれまでも支障がありそうです。
 EM激辛君を沢山作っていると家の庭等に現れるモグラには効果てき面です。モグラが掘った穴にEM激辛君を入れると、次の日は「モグラ」飛び出て死んでいることもしばしばあります。
 是非一度お試し下さい。

2022年06月18日(土)10:56  EMの日へようこそ(第617号)
DSCF1150.jpg 640×480 132K
 写真はフダンソウです。通常フダンソウは10月〜4月にかけてしか作らないのですが、4月の中旬に植えた黄色唐辛子の横に3本「春フダンソウ」を植えた所3本ともお化けフダンソウになってしまいました。十二分に肥料の行き届いた畝に上から5穴の穴あきマルチを張り、マルチの上から草を大量に乗せその上から毎週EMを噴霧しています。草を載せた部分に塩も少しずつ入れて「害虫」は発生しないようにしています。
 ところが春に落ち種が出てきたのを「3本」だけ穴の穴あきマルチの一番端に植えたのですが、あれよあれよという間に「巨大化」してしまいました。春〜夏のフダンソウがこんなに大きくなったのは初めてです。隣でEM栽培をしている「荒木ご夫婦」におすそ分けした所「こんなに美味しいフダンソウ」は初めてとの事で私とお会いするたびにおすそ分けしています。たった3本のフダンソウが大活躍です。柔らかくて味も抜群です。
 フダンソウが年中栽培できるのは知っており、一度春に植えたのですが生育が良くなかったので「春から夏」栽培は難しいものと思い込んでいました。ところが次から次へと葉っぱが巨大化し、これは「春〜夏」も栽培可能と思い、来年は同じ方法で1畝作り実験してみようと思います。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。