2022年07月01日(金)14:05  EMの日へようこそ(第618号)
DSCF1177.jpg 640×480 198K
 写真は売れ始めた「ブルーベリー」です。昨年の3月に3種3本植えたものが収穫できるようになり始めました。3本しか植えていませんのであっという間に無くなってしまうと思いますが食べてみましたらなかなか良い味でした。
 まだ植えてから15カ月ですので鈴なりというには後2年ほどは必要だろうと思います。10年経ったブルーべり―の鈴なり状態は見事なものですので、この3本も後数年すれば鈴なりに近い状態になること間違いなしです。
 同じ果樹園のスモモが‖臉仭畧犬終わり現在受粉樹の「サンタローザ」が適期です。さらに「大石中生」も黄色に熟れ始めました。これも抜群に美味しいです。最後が「秋姫」ですが、いつも梅雨時と重なってまともに食べた事がありません。ところが今年は早めの「梅雨明け」ですので、ひょっとしたらご馳走になれるかも。楽しみです。

2022年07月25日(月)06:29  EMの日へようこそ(第619号)
DSCF1258.jpg 640×480 97K
 写真は久しぶりにモロヘイヤ畑に現れた「黄金クモ」です。家の周りには時々小さいものが出現するのですが、大きくなる前に雀に食べられていつの間にかいなくなってしまっていました。以前お借りしていたあちこちの畑では必ず出没していましたが、加齢で「黄金クモ」のお世話が出来なくなってしまいました。
 ところが急に現れて私の頭を攻撃するほどの元気の良い「黄金クモ」でした。餌を数回やりましたが、急にいなくなりました。ところがその場所から10mの所に黄金クモの「卵」が出現したのです。なぜ10mも離れた場所で産んだのか理由は良く分かりませんが、丸々していた体が非常にスマートになっていましたので卵を産んだ本人であることには間違いないようです。
 黄金クモの「クモ合戦」は鹿児島県の鹿屋市で毎年6月の第3日曜日に開かれて、西日本新聞に大きく掲載されていたのですが、今年は見落としたのか目に入りませんでした。コロナで中止になったのかも知れません。確か長崎県と高知県で同じような取り組みがあると聞いたような気もします。
 畑に塩を沢山使うのでクモも遠慮しているのだろうと思っていたのですが、畑の周囲に草が沢山生えましたので、クモの環境が良くなったのかも知れません。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。