本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98

STAP細胞



(引用)
小保方晴子氏のSTAP細胞騒動をテレビや新聞が大きく取りあげて、大方の日 本国民は小保方氏のインチキと断定されたことと思います。

これこそが、マスコミの洗脳であることを認識する必要があるのです。

添付ファイルに、STAP細胞は不思議でもなんでもない「千島・森下学説」半 世紀を超えてと題しなして、環境評論家の船瀬俊介氏が投稿記事を書いておりま す。どうか、是非読んでください。こちらがほんものです。

どうか、政府・製薬会社・マスコミ(日刊現代を除く)各社のほとんどが情報操 作を行っております。
スポーツについても国民に知られないように、大事な国会議案を通す時には、 スポーツを使って話題をそちらに持って行こうとしています。

どうか意識的に感じてください。これが日本国で起こっているのです。
STAP細胞についても都合が悪い事は隠し続けているのです。

添付ファイルに書いている通り、千島・森下学説を読んでいる人は、とっくにS TAP細胞の存在することを疑問を持たずに知っているのです。

驚いたのは、食べないで生きられる方(後日、別に紹介します。)の経絡造血と は、経絡に太陽エネルギーを受けると、そこにソマチッドがうじゃうじゃ増殖し てそれが血球細胞になる、血球細胞が体細胞に変化すると書いています。

これは、ある意味でEMの光合成細菌と同じではないかと思ってしまうのです。
何度も書いたようにソマチッドと光合成細菌は瓜二つの形をしたスパイラルでエ ネルギーを取り込む鞭毛を持った生命体を形づくる驚異的な微生物なのです。

ここが大変面白いですね。どうか皆さまも、千島学説をWEBで確認してみてく ださい。


Uネットみやぎ 世話人 鈴木 徹


地球環境評論家 船瀬俊介 連載第53回 ”STAP細胞”は不思議でもなんでもない。「千島・森下学説」半世紀を超えて (12ページ pdf)




介護が少ない街、和光市の秘密


和光市の元市長は医者で、EMを使った医療を提唱していました。
市長の時から先進的な介護を提唱していましたので、今それが実ってきているのだと思います。

(引用)
お年寄りの「引きこもり」が社会問題化する中、
埼玉県和光市の“高齢者を街に連れ出す”取り組みが注目を集めている。
和光は10年以上も前から高齢者対策に乗り出し、「和光モデル」と呼ばれる独自のノウハウを確立。
その仕組みを学ぼうと、霞が関の官僚や自治体などの視察団が、次々と押し寄せている。
その数は年間300団体を優に超えるという。
「現場のノウハウを国政に生かしてほしい」との要望で、市の職員が国に2年半出向。介護保険制度の構築にも全面的に参画したほどだ。
和光の高齢者対策は何が優れているのか。そもそも本当に、抜本的な高齢者対策になるのか。松本武洋市長に聞いた。

この街の論点! 「介護が少ない街、和光市の秘密」

  (東洋経済Online内 連載「この街の論点!」)





リチャードコシミズ氏講演会/池田史郎産婦人科医師の独演会


(引用)
化学物質がどのように人間の身体に作用しているかを明確に説明しています。
科学物資とガンの関係、子宮内膜症と化学物質、前立腺ガンと乳製品との関係、
岸微生物から見る自然農法、微生物が放射能を減らす実験結果、
作物に含まれる栄養分の原子転換、オーリングテスト、ガンになったら絶対に医者にかかるな、
1000人以上のガン患者を見て治るガン患者と治らないガン患者の特質など、
非常に解りやすい講演内容となっています。

part1〜9




特集・第2回環境フォーラム「うつくしまEMパラダイス」の重要な点について




特集・花粉症やアレルギーが起こる本当の原因




特集・子宮頸がんワクチン




特集・ネオニコチノイド




特集・スクラロースの危険性




特集・松浦優之医学博士のAWG電子照射機




特集・放射能関連




プール清掃




災害対策 関連

災害対策 関連リンク
EM研究機構 (http://www.emro.co.jp/)
東日本大震災特設ページ内、 「EMと災害対策」「EM活用事例」を、ぜひご参照ください
DND研究所 (http://dndi.jp/)
比嘉照夫氏の緊急提言内、 「震災災害後のEM活用」「EM技術による放射能被曝対策」を、ぜひご参照ください



講演会等