本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2009年07月07日(火)04:30  EMの日へようこそ(第51回)
grp0707101320.jpg 256×192 20K
 写真は、4号用地の栗の木です。
今年は2本ある栗の木が大豊作のようです。善循環の輪に載っていたやり方で、収量3割アップの方法を採用しました。りんご等の収量30%アップの方法の所に掲載していますが、.后璽僉璽札薀潺奪パウダー還元c500gを培養液で溶いて幹全体に塗布しました。肥料を大量に撒いてEM活性液を月1回かけています。水100箸乏萓液を50倍にして入れ、還元C30gを混ぜて、葉面散布を月1回程度行いました。
 時間があればもっと効果的にできるのですが、まあ何とか収量アップにつながりそうです。ミニトマトが5倍の収量アップを図ったため失敗しましたので、来年は2〜3倍程度の収量でいこうと思っています。トマトも収穫する時間がないので、熟してどんどん落ちています。
 トップページに、いろんな作り方を紹介する予定で進めています。どんどん引き出しが増えていっているので、アクセスしていただいた方がどこをクリックしたら良いのか分からなくなっているかも知れません。
 今月の21日と22日にUーネットの吉澤副会長が有明海ネットワークのその後とEM活動の活性化を目指して取材に見えるとの事です。同じく上級インストラクターで柳川の堤さんご夫婦の所と大牟田に取材に来るとのことでした。
 ついでに私も「EM援農等ボランティア・人生これからだネットワーク」の結成について相談しました。良いことだと評価していただいたので、当日詳しく相談していただく予定になっています。
 訪問会員の「野菜作り名人の前田さん」から松の木が2本とも元気がなくなっているという相談が2ヶ月前にありました。2ヶ月が経って2本とも元気になっています。次回は「松が元気に」を掲載します。

2009年07月13日(月)03:23  EMの日へようこそ(第52回)
grp0713073725.jpg 256×192 47K
 写真は、限界突破現象を起こしているミニトマトです。
 パイプ車庫2つを活用して雨除けをしています。
 数年前までは1つの車庫に苗を12本ずつ植えて2本仕立てにしていました。一昨年から一つの車庫に6本ずつ植えて3本仕立てにしています。
 今年の反省は、〕菁からは苗を5本にすること。そして■暇椹杜てにすることです。そんなに本数を減らすと収穫量が激減するのではないかと思うかも知れませんが、収穫量は12本の頃より6本にした方が多いのです。
 来年は5本にして2本仕立てにしようと思っていますが、おそらく6本植えて3本仕立てより収穫量は多いと思います。1房に100粒実を付けて5段にすると500粒は収穫できると思います。
 そんなに収量が増えても、収穫しなければ何にもなりませんので、来年はミニトマトを10本植えて、苗のまま買ってもらうサポーターを7〜8人位お願いしようと思います。1本1500円位にすると、美味しいミニトマトが1個3円から5円で収穫でき、しかも2ヶ月近く楽しめますから、お互いにラッキーではないかと思います。
 来年からは援農ボランティアも立ち上がる予定ですので、来年1月からは「EMの日」も毎週日曜日に開催しようと思っています。2ヶ月の間ミニトマトの生長を見ながら楽しんでくれるサポーターは可能でしょうか。
 昨日のEMの日には8組10名の方に来ていただきました。ありがとうございました。

2009年07月21日(火)05:13  EMの日へようこそ(第53回)
grp0721080044.jpg 256×192 43K
  松が元気に
  写真は、訪問会員の前田さんの玄関に植えられている松の木です。先週の土曜日に伺った時に撮影したものです。EM活性液とボカシ儀燭肇札薀潺奪還元Cを使い始めて3ヶ月になります。芽も出て生き生きとなってきました。
 この松ノ木だけではなくて、植木鉢に植えたのと地植えされたものと3本ありますが、3本とも元気になっています。
 使い始めて1ヶ月した頃電話があったので、それでも心配なら「スーパーセラミック還元Cパウダー」を「活性液」で溶いて「松の幹」に塗ってみませんかと言いましたが、周囲の反対もあったようで実現しませんでした。松の幹が下から2mくらい「お化粧」するわけですから、みっともないのもあるし、普通農薬を使った「慣行栽培」をしている人たちからみれば「非常識な」となるわけです。
 その他の植木鉢に植えられた木々も元気になっているものですから、気を強くした前田さんは今まで行っていた「植木の消毒」を「EMで代替」できないものかと考えはじめています。かなりの量の植木が植えられていますので、消毒もしているようで、動力噴霧器もお持ちです。
 農薬を使わずにEMを代用するのであれば、最低月1回はEMの希釈液を噴霧してやらねばなりません。必要なものは100肇織鵐を作る場合にヽ萓液500cc▲好肇船絅Γ毅娃cc4垳毅達毅娃膈ぃ釘融局曚陵Г覆匹必要になります。さらに薬剤ではないので即効性はありませんが、1年間が経過をすると「あれ、虫が付かなくなったなあ」という感想を実感できると思います。
 ついでに、散布する時は、家の周囲の壁にもかけて下さい、と言ったらこれまたビックリしていましたが、壁や柱やコンクリートが長持ちするようになるとのことです。我が家ではEMを噴霧するときは、家の周囲の全てのものにかけてやっています。
 5羽用の鶏小屋完成。エイデン社の永田さんありがとうございました。それから森家の余った玉子を1個20円でお分けしていましたが、えさ代だけで1個30円かかっていました。「EMランラン1個の値段」をクリックして下さい。

2009年07月27日(月)08:04  EMの日へようこそ(第54回)
grp0727082158.jpg 256×192 47K 写真は、瓜を処分して黄色コショウだけにした畑です。
 昨日、一昨日の雨は記録的なもので、我が家の近辺にも記録的な大雨がふりました。でも、EMがたっぷり沁みこんだ畑は雨の合間を縫って仕事ができるから便利です。降ったり止んだりする中、私も畑に出たり入ったりしながら、黄色コショウを9本追加して植えました。普通のコショウは6本追加しました。
 写真の畑は、玉ねぎの後をEM発酵処理せずに、青瓜と白瓜と今山キュウリを植え、おまけに間に黄色コショウを植えた場所です。一度発酵処理を怠ったものですから、草対策が大変でした。草が伸びては取り伸びては取り、おまけに黄色コショウに瓜の弦がからみつかないようにしなければなりませんので大変でした。
 おかげで写真のように、シートの下に草と瓜類を入れて発酵状態に入りました。まだEMをかけていませんので、今度の日曜日に肥料とEMをかけてやろうと思っています。
 やっぱり、発酵処理する基本を怠ってはいけません。
 昨日は大雨の中、4組5名の方に来ていただきました。ありがとうございました。それから、8月2日の日曜日に長洲の子ども会で「元気玉」作りの講習と、8月5日に大牟田の衛生連合会からEM講習会がはいりました。頑張ろう。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物