本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2010年10月04日(月)04:17  EMの日へようこそ(第124回)
grp1004075802.jpg 400×300 49K  写真はさざんか農場の無菌豚です。購買生協の理事長さんのはからいで、10月13日にさざんか農場の施設の見学が実現する事になりました。生協さんの年間の豚の消費量が約1万頭です。口蹄疫問題で、現在2ヶ所から購入している豚を3ヶ所にしたいという考えをお聞きしていますので、是非無菌豚の購入も実現して欲しいと思っています。
  EMの実験は大成功のようです。昨日社長さんと話をしていたら、従業員の皆さんが「臭いが無くなった」と言っているとの事ですので、間違いありません。施設の見学に生協の皆さんが訪れたときに「素晴らしい風景と300m掘り下げた地下水と臭いの無い養豚場」にきっと満足して帰ってくれるものと確信しています。
  我々もその前の8日に見学に行く予定にしていましたが、8名の参加予定が急遽5名に減りましたので我々の施設見学は中止しました。その前に臭いが消えたので、大変喜んでいます。8日夕方の「無菌豚」の試食会は実施しようと思っています。
  昨日のEMの日には、雨の中ではありましたが7グループの方に来ていただきました。前立腺ガンで「EM・Xゴールド」を飲ませたいとの事で、「難病治療の田中茂医師」を紹介しました。私の「実験用地」にも追加させていただきました。その後、2年前にガン治療した母に飲ませたいという話もきました。私は医師ではありませんので、田中先生のホームページを紹介しました。
  2箸離撻奪肇椒肇襪悩遒襦嵎討里箸汁EM発酵液」だけでは飽き足らず、畑用にと300箸硲隠娃悪箸離織鵐購入者が2名現れました。良いことです。費用も量的にはずっと安くなります。今日も一日がんばろう。行ってらっしゃい。

2010年10月12日(火)04:46  EMの日へようこそ(第125回)
grp1012080004.jpg 320×240 48K  写真は、10月9日土曜日に猪対策のために「海苔網」で防除した時に宮崎さんと生魚さんに手伝ってもらった写真です。ところが、11日の月曜日に、永田さんに手伝ってもらってニンニクを植えにいったら、少しビニールマルチが破れているようだったのでおかしいなと思っていたら、通りかかった境先生が「昨日竹が倒れていたので、立て直したよ」との事。
  竹はしっかり打ち込んだつもりだったのでやっぱり猪が中まで入ったようでした。でもほとんど荒らしてはおらず被害は無かったのですが、ちょっと心配です。
  問題は12日の今朝どうなっているかです。早めに行ってみなければなりません。あれだけ防除したつもりが、もし猪が入ってくるようなら、電気柵をつけるか撤退するしかありません。
  今回の猪対策で、貴重な時間を浪費しました。おかげでニンニクはまだ2列の800本しか植えていません。後残り5列の2000本は今から植えるわけですが、今朝猪が入り込んでいるなら、それで終わりです。残りは早急に私の自宅前の2号用地に植えなければなりません。
  今から稲刈り・乾燥・収穫と忙しくなるのに、これまた大変です。玄米を食べるなら「森家の無農薬米」を是非どうぞ。もう少し残りがあります。
  日曜日のEMの日には5人の方に来ていただきました。ありがとうございました。午後は永田さん宮崎さんと8号用地の元みかん山を手入れしました。ここも猪が掘り返しています。宮崎さんがオリーブの木を植えました。私はみかんと柿と栗を植える予定です。
  11月からは、毎週土曜日の午後を「援農の日」として、生魚さんが毎週、宮崎さんが第2と第4土曜日に手伝ってくれるようになりました。頑張ります。

2010年10月18日(月)04:58  EMの日へようこそ(第126回)
grp1018053133.jpg 320×240 42K
  日本一の玉子をめざして
  写真は我が家の「夕子」たちが産んでくれた玉子です。
  毎年10羽の1ヶ月雛を購入しています。新しく入った10羽が玉子を産み始めると、前からの10羽が少しずつ燻製になる仕組みをとっています。なぜなら家で飼える鶏の数は20羽が限度だからです。それから玉子をほぼ毎日産むのは、12ヶ月が限度で、後は3日に2個とか2日に1個とかに減ってきます。それで鶏を更新しないと、玉子を産まない鶏ばかりになってしまいます。鶏は7〜8年位は生きますので、肉の柔らかい内に燻製にしなければならないのです。
  日本一の玉子というのは理由があります。餌は全てEMで発酵させています。鶏の餌を全部自分で作るのは大変なので、餌のベースは農協から購入します。(討未7 購入餌5 EMくず米1 ぅキガラ1 ゥ皀蹈悒ぅ筍院淵皀蹈悒ぅ笋不足する時期には.疋ダミ▲茱皀を使います)Ε灰轡腑Ρ嬌遏´Д蓮璽屬任后
  そしておやつにはEM野菜をふんだんに使いますし、平飼いですので、虫やミミズも沢山食べています。ムカデは特に大好きです。
  なんといっても、これらの餌を混ぜ合わせて3ヶ月間発酵熟成させたものを食べさせますので、人間で言えば免疫力を最大限アップさせた、元気が自慢の「EM万歩鶏」になっているからです。
  毎週80個程度産んでくれますので、荒木さんが3パック、宮崎さんが2パック、森家が3パック消費しています。食べてみたいという人もいますが、残念ながら売り切れです。どこかの養鶏場と契約したいのですが。
  昨日のEMの日には7人の方がお見えになりました。ありがとうございました。午後からの、講座修了者のための最新講座には12名の方の参加がありました。EMの使い方で和気藹々楽しい1時間30分でした。
  

2010年10月25日(月)08:05  EMの日へようこそ(第127回)
grp1025082237.jpg 400×300 49K
  写真は白菜の間引き菜です。苗物屋さんで苗を買うと1本しか植わっていませんが、自分で種を蒔くと4粒から5粒ほど蒔きますので、大きくなれば間引きをしなければなりません。間引きの作業が遅れると、葉っぱが重なりますので虫が付く大きな原因になります。
  楽しい事もあります。白菜がどんどん大きくなるので、どんどん間引きできて白菜がいくらでも食べられます。今年は間引き菜をお湯で10秒間通してさっと水にくぐらせて活用しました。沢山出来すぎて配るのに大変でしたが。鶏も大好物です。
  土曜の「援農の日」には宮崎さんと生魚さんに手伝ってもらってモロヘイヤを踏み倒し、汚泥肥料を撒き培養液をかけて、マルチで覆う作業をしました。ここには玉ねぎが1500本ほど植わる予定です。途中でもう一度EMをかけて3週間後に玉ねぎ畑を作ります。
  EMの日には雨の日にもかかわらず10名の方においでいただきました。ありがとうございました。午後からは雨にもかかわらず、残ったニンニクの種を植えました。残すと種がかわいそうなので、頑張って植えました。これでニンニクは宮崎さんが800本、私が2000本と900本を2箇所に植えました。大変お疲れ様でした。猪君のおかげでニンニク植えに時間がかかりました。
  11月7日から第4期のインストラクター養成講座が始まります。現在12名の申込みです。どうぞお出かけ下さい。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物