2017年10月02日(月)04:11  EMの日へようこそ(第444回)
DSCF4523.jpg 800×600 378K
 写真は「九条ねぎ」の畝間を耕耘し、機械による1回目の土寄せをして塩を撒いた状態です。昨年から本格的に大ネギを作っています。畝幅は120センチとっていますので、かなり立派な「九条大ネギ」になります。昨年は2畝しか作りませんでしたので、あっという間に完売でした。今年は奮起して5畝作りました。
 苗は自家製で6月に種まきをして8月末に収穫、9月1日に植えつけました。苗床はニンニクの収穫残差を畝に並べ塩を撒きEMをかけて1か月発酵させてみました。なんと畝には草はほとんど生えずに見事な種の発芽でした。ところが畝の横の草が生い茂り、中からコウロギが発生して4分の1程度の苗が食べられてしまいました。次の苗つくりに良い勉強をさせてもらいました。コウロギ様様でしょうか。来年の苗つくりは1畝から2畝に増やします。
 来年はこの3倍の畑を確保していますので、約150坪を植えつけようと思っています。150坪植えつけますと福岡県の「エコ作物としての認定」を受けられますが、エコ認定作物がもう14種類位になりましたので、エコ認定は申請せずに適当に作ろうと思っています。大ネギは「トウモロコシ」との連作になります。
 現在隣の畑でニンニクの植え付け中です。森4000本、田中4000本、石井2000本を準備しました。この畑はカボチャとの連作で、連続不耕起栽培です。カボチャとニンニクの連続不耕起栽培がこんなにうまくいくとは、自分でもびっくりしています。

2017年10月05日(木)13:38  EMの日へようこそ(第445回)
DSCF4536.jpg 800×600 329K
 写真は白菜200本とキャベツ200本を植えた場所です。(すみません。写真を間違えました。ここは晩生ブロッコリーの植え場所でした。写真は掲示板に掲載。)10月3日に植えつけました。ここは玉ねぎとの連作ですが、玉ねぎの収穫後一度耕耘しています。畝を作って塩を撒いて竹炭も入れてEMをかけていますがキャベツや白菜を植えつけるまでに7月8月9月と待ち時間がありましたので、少し草が生えています。数日たってから少し草取りをして、株と株の間に塩を少量撒いていきます。追肥と除草効果を期待しています。
 今日は朝から整流した竹炭を作り、晩生ブロッコリーの残りの畝と「玉ねぎ用」の畝に竹炭を撒いてきました。晩生ブロッコリーは初めての不耕起栽培になります。前作はモロヘイヤですが150坪の土地を連続不耕起栽培にするのは初めてですので、うまくいけばよいがと少し心配しています。
 ニンニクが昨日で10畝6000本の植え付けを終了しました。後種が800個ほど残りましたので、畑の端に後1畝作る予定です。初めて植える場所になりますので、塩をたっぷり入れて竹炭も入れてEMもたっぷりと入れていますので、今までの畑と見劣りしないように少し余計に手を入れようと思います。
 今週の土曜日と日曜日は比嘉先生の講演会が南九州市知覧町でありますので、石井先生と二人で行く事にしています。土曜日が善循環の集いで一般の人を対象とした講演会です。それから日曜日は「世話人特別講座」で比嘉先生の有意義な話が聞かれます。土曜日日曜日は楽しみな一泊二日の旅になります。

2017年10月12日(木)05:15  EM会員の日へようこそ(第446回)
DSCF4550.jpg 800×600 372K
 写真は芽の出始めたニンニク「平戸」です。ここはカボチャの後の「不耕起栽培用地」です。マルチの上にあるのは「整流した竹炭」です。肥料は今回は「塩」のみです。反当たり400kgを入れています。できれば反600kgほど入れれば良かったと今思っていますが、判断が甘かったようです。それで追肥は「海水EM発酵液の50倍希釈液」の噴霧の回数を増やそうと思っています。
 ニンニクは購入種15kgで3000個、我が家の種3000個と両方の小さすぎる種500本を植えました。これに田中さんの分が3500本程度の約1万本が最終的に植えつけられます。私の分はもう最初に植えた分の芽が出ていますが、田中さんの植え付けはまだ少しだけのようです。
 今日は田隈の畑に整流装置を作りますので、午前中は石井先生が竹炭作りで私は田んぼに生えているヒエの穂を摘まねばなりません。あまり生えていないのですが、刈り取り時に機械の故障につながるので切り取ってくれとの事でした。1時間程度で終わると思います。
 午後からは二人で2反の畑に整流装置を9ヵ所埋め込んで、電柱から潜在電圧を引く準備をする予定です。それから早生ブロッコリーと晩生ブロッコリ−用地にヒヨ鳥対策の「整流装置」もつけねばなりません。
 明日は塚本さんという会員さんが整流装置の作り方を勉強したいので手伝いに来てくれるとの事でした。

2017年10月18日(水)16:41  EMの日へようこそ(第447回)
DSCF4564.jpg 800×600 277K
 写真はモロヘイヤの後に作る、晩生ブロッコリー植え付けの準備の為に開けた植え付け穴です。苗は24日の火曜日に田中さんが持ってきてくれるとの事でした。雨が降らなければ良いがと思っています。昨年の晩生ブロッコリーは1回目が10月27日、2回目が11月15日に植えましたが、収穫開始はどちらとも3月5日で、終了はどちらとも4月10日でした。2週間も間が空いているのに全く収穫期間が同じになるとは思っていませんでした。植物は面白いですね。
 ここは初めての「不耕起栽培」です。それで少し土が硬いので穴を開けるのに一苦労しましたが、何事も経験ですね。勉強になりました。この穴に苗を植える数日前にEMを入れて、その後植えつけたらEMの希釈液をかけてやります。それからEMさん宜しくねとお願いをするのです。EMは生き物ですから頼まれると頑張ってくれます。犬や猫も可愛がるとなついてきますが、嫌われていると思うと近づいてもきません。EM(有用微生物群)も可愛がれば頑張ってくれるのです。
 ここ数日雨が降り続いています。田んぼの米が一番心配です。このままだと暫くは稲刈りをしてもらえそうもありません。鶏餌用のくず米が増えそうです。米対策にEM1号2号3号の希釈液を噴霧したいのですがそれすらできない状態の雨が降り続いています。百姓は大変だ。

2017年10月22日(日)05:06  EMの日へようこそ(第448回)
DSCF4572.jpg 800×600 282K
 写真はワケギの草対策と肥料としての「海水塩」を撒いた様子です。昨日はワケギとコショウとフダンソウの草を取ってから「海水塩」を撒きました。おかげさまで3作品とも順調に育っています。ワケギもフダンソウも昨年の倍近く植えていますので冬の間の貴重な出荷野菜となります。
 そろそろサツマイモや里芋やツクネ芋の収穫も始まります。それから大ネギと春菊も随分と大きくなってきました。来週の水曜日に海水EM発酵液の希釈液を全部にかけてやろうと思っています。その時には必ず「EMさん、宜しくね。」と挨拶をします。EMは生き物ですので励ましのあいさつとお願いの挨拶をしなければなりません。犬や猫を可愛がるとなついてくるのと同じです。
 来週の木曜日に田中さんが「晩生ブロッコリー660本」を持ってきてくれます。半日で植えられるように植穴は掘りました。不耕起栽培ですので少し土が硬かったのですが、何とか660個の植穴が完成しました。水曜日にはその植穴にEM海水発酵液を入れて次の日の植え付けとなります。
 水曜日には白菜とキャベツと春菊とジャガイモと早生ブロッコリ−にもEMの希釈液をかける予定です。少し虫が付きはじめましたので早めに海水発酵液をかけてやらねばなりません。ジャガイモも順調です。
 今日は衆議院選挙の投票日です。告示から昨日まで毎日18時から20時まで選挙事務所に詰めていましたので、夕食が2時間遅れでしたのでその分晩酌の時間も遅れて、毎朝3時起床が少し遅れ気味で、多少ばて気味です。明日からまた通常の時間帯になります。良かった良かった。

2017年10月25日(水)16:19  EMの日へようこそ(第449回)
DSCF4588.jpg 800×600 134K
 写真は、今朝できたばかりの我が家の米の3分の1です。今年は少し早めに刈りこむとの事でしたが、雨が続いてやっぱり今年も25日になってしまいました。今年も反当たり8俵でした。しかし肥料はいつも入れていた大牟田市の汚泥肥料「グリーンコンポスト」は全く入れていません。牛糞4万円分と海水EM発酵液を500肇織鵐で12回発酵させて水口から流入させました。塩に換算すると240kgになります。
 田んぼには9ヵ所に整流ブロック(炭と塩とEMを埋め込む)を作って入れています。それで8年間使ってきた汚泥肥料・グリーンコンポストの4500kgは全く入れませんでしたが米の収量は昨年と同量が収穫できたことになります。
 来年は牛糞もお断りして、反当たり500kgの塩を入れようと思っています。田んぼの整流ブロックと、EM海水発酵液は今年と同じ方法で実施予定です。恐らく田んぼの草も全く心配はないだろうと思っています。
 明日は晩生ブロッコリー660本が到着しますので、朝から植穴にEMを撒いてそれから植えつけます。今日白菜やキャベツと一緒に早生ブロッコリー660本にもEMの葉面散布をする予定でしたが、急遽稲刈りが終了したとの連絡でしたので米運びが大変で、私のエネルギーが無くなってしまってEM噴霧まではできませんでした。明日の朝に延期です。明日も頑張ろう。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。