2018年01月01日(月)09:47  EMの日へようこそ(第457回)
DSCF4861.jpg 800×600 210K 明けましておめでとうございます。写真は森家の初日の出です。今年は全国的に快晴であったにもかかわらず、我が家は丁度朝方には曇ってしまいました。残念ながら初日の出は拝めませんでした。
 今日一日は朝から長男家族が年始に来ますので、朝から一杯飲んで嫁さんのおせちを食べてまた昼過ぎまで一休みという事になっています。
 また今年も一年頑張りますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

2018年01月01日(月)09:47  EMの日へようこそ(第457回)_2
grp0101124937.jpg 800×600 210K
 明けましておめでとうございます。写真は森家の初日の出です。今年は全国的に快晴であったにもかかわらず、我が家は丁度朝方には曇ってしまいました。残念ながら初日の出は拝めませんでした。
 今日一日は朝から長男家族が年始に来ますので、朝から一杯飲んで嫁さんのおせちを食べてまた昼過ぎまで一休みという事になっています。
 また今年も一年頑張りますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

2018年01月08日(月)12:53  EMの日へようこそ(第458回)
DSCF4884.jpg 800×600 277K
 写真は9割がた完成したキュウリとワケギの連作栽培用地です。キュウリは3月〜9月まで、ワケギは8月末から5月末まで畑が必要ですので、穴あきマルチ5穴の3穴目にキュウリを2回植えて、ワケギは1列目と2列4列5列目に植えます。肥料は塩と海水発酵液のみです。塩や海水発酵液は連続して必要となります。
 整流装置は後リチウム電池2個を重ねて500ccのペットボトルに貼り付け中に海水発酵液とEMXゴールドとセラミックパウダーを入れて竹の棒に布テープでしっかりと貼り付けて完成です。
 ここはキュウリ60本が2回と、ワケギ400本を2畝植えつける事ができます。そのほか甘いエンドウとツルムラサキも同じようにして植えつける事が可能です。穴あきマルチは肥料の塩も穴の上からバラまけば良いし、草防除にも役に立つしなかなかの優れものです。マルチは穴あきマルチ以外は皆無と言ってよいほど不要になりました。その分を塩代に回せますので費用の縮減にも役に立っています。
 そろそろタケノコ山の整理に入らなければなりません。同志の田中さんが1月15日からしか竹山に入れないとの事でしたので、少し遅れてしまいましたがまた3人で頑張らねばなりません。

2018年01月19日(金)02:44  EMの日へようこそ(第459回)
DSCF4927.jpg 800×600 276K
 写真は、秋ジャガ100坪と春菊50坪の後の春ジャガイモ畑です。海水塩を反当たり500kgと竹炭を100汎れました。この後すぐにEMを200隼気い討い泙后春ジャガイモは3月1日に1200個植えますので、その前に一度乗用トラクターで耕耘します。
 可能な限り耕耘しなくて良い方法を考えていますが、ジャガイモや大ネギはどうしても耕さなければなりません。
 現在耕起する畑と不耕起の畑の入れ替えをしています。そのおかげで今年はブロッコリーを年6回植えることができそうです。ただブロッコリーは春物はモンシロチョウが大敵ですので、そこは十分配慮しなければなりません。比嘉先生が開発した「整流装置」があればきっとうまくいくと思います。
 ブロッコリーの畑は同じ場所で年2回取りをしますので、土地は3ヵ所必要になります。つまり一か所150坪のブロッコリー畑で不耕起連作が可能となるのです。さらに農薬化学肥料が皆無となるので、EMはまさに「地球を救う大変革」を実現することができるのです。皆さん頑張りましょう。

2018年01月27日(土)08:48  EMの日へようこそ(第460回)
DSCF4968.jpg 800×600 206K
 写真は我が家に置いてあるEMを発酵させるためのタンクです。以前は1トンタンクを置いていましたが、年取って来て1トンタンクは重たくなってきましたので、順次500肇織鵐と入れ替えています。1トンタンクは後2個処理しなければなりません。1トンタンクは全部で20個ほどになります。後2個を片付けたら処理業者さんが取りに来てくれます。リサイクルするのだそうです。
 現在は500肇織鵐が7個、200肇織鵐が3個、100肇織鵐が4個稼働しています。500肇織鵐も一人では少々重たくなってきました。
 タンクは常に「海水EM発酵液」を作っている状態にしておかないと急には間に合いませんので、できるだけ作り置きをしています。ジャガイモを150坪程度作るのには合計して500板度必要ですので、常に作っていなければなりません。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。