本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2010年01月01日(金)06:11  EMの日へようこそ(第77回)
P1010017.jpg 400×300 13K
  明けましておめでとうございます。
  写真は、数年前の元旦の写真です。大牟田の上内にある工業団地から写しました。この頃は散歩にも行かなくなったので、朝早い写真はなかなか撮れません。
  昨年は楽しい事ばかりでした。EM活動は体の調子が良くなるので、いつも1石3鳥だと思っています。昨年の30日は、石橋さんに手伝ってもらって三池果樹園の手入れをし、うどの畝を作りモミガラを敷いて、EM激辛君を散布してきました。この頃はうど畑まで猪がひっくり返すので、激辛君を毎月噴霧しようと思っています。後はスモモの剪定をして、すももをちぎり易いように誘引しなければなりません。今年はきっと美味しくなると思います。ちぎる暇がないので、三池果樹園の手伝い人を探して半分ずつ分けたいなと思います。誰か手伝ってくれる人いないかしら。
 31日は、遅まきながら家族と長男一家と長男の友人一家で餅つきをしました。筍をゆでるために一杯とっておいた竹や木材も処分して、鶏の遊び場所も作れたので、これも一石三鳥でした。今朝鶏を放してやるのが楽しみです。きっと喜んでくれるでしょう。
 1年の計は元旦に有りといいますが、私は今年1年の計画を昨年12月には全て組み込みましたので、その実行が楽しみです。おかげで病気もほとんどしないので頑張ろうと思います。
 人生60年の闘いの自分へのご褒美に作ったホームページも順調です。お蔭様で毎週書き換えも何とかできています。
 会員やホームページを除いていただいている皆様方、今年も良いお年でありますように、お互いに頑張りましょう。
  次回は、守る環境保全と攻める環境蘇生について書きたいと思います。

2010年01月01日(金)06:11  EMの日へようこそ(第77回)
P1010017.jpg 400×300 13K
  明けましておめでとうございます。
  写真は、数年前の元旦の写真です。大牟田の上内にある工業団地から写しました。この頃は散歩にも行かなくなったので、朝早い写真はなかなか撮れません。
  昨年は楽しい事ばかりでした。EM活動は体の調子が良くなるので、いつも1石3鳥だと思っています。昨年の30日は、石橋さんに手伝ってもらって三池果樹園の手入れをし、うどの畝を作りモミガラを敷いて、EM激辛君を散布してきました。この頃はうど畑まで猪がひっくり返すので、激辛君を毎月噴霧しようと思っています。後はスモモの剪定をして、すももをちぎり易いように誘引しなければなりません。今年はきっと美味しくなると思います。ちぎる暇がないので、三池果樹園のスモモちぎりの手伝い人を探して半分ずつ分けたいなと思います。誰か手伝ってくれる人いないかしら。
 31日は、遅まきながら家族と長男一家と長男の友人一家で餅つきをしました。筍をゆでるために一杯とっておいた竹や木材も処分して、鶏の遊び場所も作れたので、これも一石三鳥でした。今朝鶏を放してやるのが楽しみです。きっと喜んでくれるでしょう。
 1年の計は元旦に有りといいますが、私は今年1年の計画を昨年12月には全て組み込みましたので、その実行が楽しみです。おかげで病気もほとんどしないので頑張ろうと思います。
 自分の還暦を迎えた際に、人生60年の闘いの自分へのご褒美に作ったホームページも順調です。2回目の正月を迎えることができました。4月2日の2周年記念が楽しみです。1年8カ月の間に3000回以上のアクセスもいただきました。お蔭様で毎週書き換えも何とかできています。
 EM会員の皆様や、EMインストラクター1期生の皆様、またホームページを覗いていただいている皆様方、今年も良いお年でありますように、お互いに頑張りましょう。
  次回は、守る環境保全と攻める環境蘇生について書きたいと思います。

2010年01月09日(土)08:41  EMの日へようこそ(第78回)
  守る環境保全
  有機農業推進法という国の法律が2006年12月の6日と8日に参・衆両院で満場一致で制定されてからもう3年が過ぎました。全国都道府県の段階でこの法律が施行されていないところは2県で、その1県が我が福岡県ということです。
  福岡県は今、「減農薬・減化学肥料」を進めています。例えば慣行農法ではいちごは農協の指導では、年20回程度まで農薬を使用しても良いようになっています。そういった農薬等を10回つまり半分に減らせば「県の認定の対象品目」になるわけです。化学肥料も同じです。例えば農協で販売している「4・8・4」は私の5.5反の田んぼでは6俵まで使用しても良いということでした。
  いわゆる守る環境保全のために行政が努力をしているわけです。ここまでは、行政も頑張っているのですから良いのですが、私は米作りに農薬も化学肥料も一切使っていません。しかし行政が頑張っているのだからと思って「減減栽培」の認証を受けています。ところが先日、減減栽培にEMの使用はなじまないのでEMの部分だけ消してくれと言われました。上部組織からのお達しだとの事です。
  田んぼに汚泥肥料を入れてEMを使わなかったらそれこそ大変な事になります。残念ながらEMをなぜ使うのかは理解してくれていなかったわけです。
  議論してもしようがないと思ったので、「はい。分かりました。」といいましたが、確認の意味で「国の法律である有機農業推進法はご存知ですね。」と尋ねましたら「知っている。」との事でしたので、「福岡県は有機農業推進法は実施していないですね。」と訊ねたら、「はい。そうです。」との事。「上部団体はおかしいですよね。」とたたみかけたら「答えてはくれました」が、返答は敢えて書きません。
  私も公務員でしたので、上層部から言われているものには「反論しても腹が立つことの方が多かった。」ですので、組合を通じて「間違いの指摘」はしましたが、上層部のお達しと言うのは骨身にしみていましたので、論争はしませんでした。
  写真は粉砕機です。大牟田市役所から借りました。ニッケイの小枝と葉っぱでもぐら避けマルチを開発しようと思っています。非常に役に立ちました。永田さんと宮崎さんが手伝ってくれました。ありがとうございました。これも守る環境保全活動の一環です。
  次回は「攻める環境蘇生」について書きます。
grp0109090528.jpg 400×300 66K

2010年01月18日(月)  EMの日へようこそ(第79回)
grp0118075139.jpg 400×300 25K  写真は、15号用地の管理人グッズです。
  なかなか時間が取れないので、ニンニク畑に管理人制度を設けました。
攻める環境蘇生
  有機農法や肥料無し栽培を展開されている皆さん方が、時々新聞等で紹介されています。現代農業という雑誌にもいろんな微生物を活用している方々の取り組みが掲載されています。先達の苦労は何事にも大変です。もちろんほとんど微生物のパワーが活用されているようです。土着菌も含めて全て微生物のお世話になっているわけです。
  有機物は微生物やみみずの等の力で発酵分解して無機質にしなければ植物は栄養を吸収することはできません。短時間で発酵分解するか、長時間かけて腐敗型の分解をするかの違いだろうとは思いますが、私たち人類は古来より1000万種いるといわれている微生物のお世話になってきたわけです。ところがまだ微生物は100万種程度しか解明されていないのだそうです。
  EMの特長は7種類の微生物が中心になって短時間で有機物の発酵分解をすすめるだけでなく、ダイオキシン等の有機物質をも分解し、汚染源のパワーを浄化源のパワーに変えていくことができるのです。
  良い例は、各家庭の水周りを調べてもらうと一目瞭然なわけですが、白い脂状のものやヘドロがこびりついています。これがパイプや溝にこびりついてくると水の通りが悪くなってくるし、溝を通じて小川に流れ込めば小川に生物が棲めなくなってしまいます。
  ところが、EMを1週間流し続けることで、このヘドロは分解してしまいます。比嘉先生の話では、川にたまったヘドロは炭酸ガスとメタンに分解され、メタンは更にアミノ酸と糖分に変わっていき、アミノ酸や糖分はプランクトンのエサになります。餌が復活し水がきれいになれば生き物が増えて生態系まで復活するという仕組みなのだそうです。
  EMは使えば使うほど、環境蘇生に協力したことになるという所以は、汚染源を浄化源に変えることができるからなのです。ですから、攻める環境蘇生とは、良質なEMを大量に作ってどんどん流せばそれで良い訳です。
  とにかくEMは自分で作ってみなければ理解できません。理屈だけでは進展しないのです。
  写真は15号用地の管理人グッズです。/4本∧討里箸汁2本EM3号少々い呂気澂ナ饕Ε献腑Ε蹐任后A霄茲蠅畔討里箸汁をまく暇がないので、EMインストラクターの坂井さんに草をはさみで切ってもらうことと、2週間に一度米のとぎ汁をかけてもらうようお願いしたら快く引き受けてくれました。よろしくお願いします。
  昨日のEMの日には8名の方に来ていただきました。ありがとうございました。 

2010年01月25日(月)03:46  EMの日へようこそ(第80回)
P1010020.jpg 400×300 68K  めざせ100号用地
  写真は、17号用地を先輩の小森先生に耕してもらっている所です。今回借用した場所は、0.5反と0.2反の田んぼ跡地です。水の便が悪くなったことと、猪被害が出始めたので田んぼを作っていた人が地主へ返したことがきっかけでした。
  猪被害がどれだけ大きいかは、作った人でないと分かりませんが、17号用地のすぐ下の有機肥料(恐らく牛糞)をおいている場所(所有者他人)が荒らされている写真を掲示板に載せましたので、是非ご覧になって下さい。
  0.2反の方を駐車場とEMインストラクターの塚本さん用に、0.5反の方を森が使用し、塚本さんに管理人になって頂くようにしました。0.5反約150坪です。猪に負けない野菜を作らねばなりませんので、思案中です。
  とりあえず汚泥肥料を50袋ほど投入し、小森先生に耕していただいた訳です。私は「こまめ君」しか持たないので田んぼを畑に変えるのは一人では難しすぎたので、先輩にお世話になりました。
  当日は13時に開始して16時前位に終わりました。小森先生ありがとうございました。田んぼがまだ湿っていましたので、かなりの力が必要でした。
  畑は、近い内にEMをかけて再度耕します。その後またEMをかけて、今度は小さな「こまめ君」に活躍してもらいます。EMを大量に使うと、大雨が降ってもすぐ水を吸い込んで雨が上がれば畑仕事が可能になります。1年間は少し苦労しますが2年目からはずっと楽になります。
  昨日は午前中が「EMの日」と「燻製の日」でした。チーズ6人分とスペアリブ10人分を作りました。EM会員さんは4名の方においでいただきました。
  それから会員の荒木さんが、我が家のカリフラワーが大きくなっているのを見つけてくれました。私は気付かなかったのですが、ものすごく大きくなっていました。私もびっくりしました。写真はまだ撮っていませんが、31日の「EM初級講座」の時に紹介しようと思っています。荒木さんは沖縄の娘さんに送ると言っていました。きっと美味しいと思います。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物