本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2017年01月01日(日)08:09  EMの日へようこそ(第401回)
DSCF3687.jpg 800×600 168K
 私のホームページを見て頂いている皆様方明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
 今年もEMにとって飛躍の年となりますようにお祈りいたします。
 比嘉先生がマサチューセッツ工科大学と連携することによって「地球を救う大変革」も全地球へ波及することが大いに期待される年となりそうです。私たちもEMを空気や水のごとくに使い、地球環境の改善に努力し平和な地球環境を取り戻さねばなりません。EMを使用する皆様方の力が「地球を救う大変革」の実現を可能にしてくれると期待しています。
 今朝は森家恒例の新年会です。長男夫婦と孫二人、そして嫁に行かない可愛い長女と嫁さんの7人で1日の10時から行っています。それに番犬チョコと鶏の幸子10羽と夕子5羽でお祝いをします。次男夫婦は京都にいますので京都でお祝いです。
 それでは皆様方今年もお互いに頑張りましょう。

2017年01月04日(水)04:42  EMの日へようこそ(第402回)
DSCF3690.jpg 800×600 269K
 玉ねぎ畑(晩生5,100本)にEM海水青草発酵液肥の13倍希釈液を噴霧する石井先生です。200箸凌紊鉾酵液を16汎れて希釈し、ニンニク畑と早生玉ねぎ1800本と赤玉ねぎ1200本とキャベツと高菜畑に100箸鯤霧し、晩生玉ねぎ畑に残りの100箸鯤霧しました。
 昨年は玉ねぎの状態が悪かったのですが、今年は上記の畑の草取りもできているので、完璧な状態です。ここまでしていれば昨年のような不正熟な玉ねぎの状態は克服できたのでしょうが、昨年は草取りもままならずEMかけもままならずといった状態でした。
 左側が早生ブロッコリー2畝と晩生ブロッコリー3畝です。右側の何もない所は里芋用地です。今年初めて里芋を作りますが、3人で赤里芋と白里芋をそれぞれ150個ずつ植える予定です。
 昨日はブルーべり園の剪定もしました。私の分だけ12本ですが、昨年末に塩を50kg撒いてEMを100畔霧しています。草の塩対策をブルーベリー園でも実施して、来年は500坪分全体に拡大したいなと思っています。第一次剪定でしたので、数日後にもう一度剪定しなければなりません。
 昨日道の駅の出荷協議会の副会長をしている平山さんから「鳥対策の整流装置」は完ぺきだったと報告を受けました。EM培養液とセラミックパウダーを500ccのペットボトルに入れて3〜5m間隔で畑の周りに棒を立ててぶら下げ周囲を紐でくくり、4隅のペットボトルには電池をつけるという簡単なものですが、効果は抜群です。スイカ畑にも活用したいとの平山さんの言葉でした。

2017年01月10日(火)17:12  EMの日へようこそ(第403回)
DSCF3692.jpg 800×600 268K 写真は、ナスビ20本ピーマン20本を植えていた畑です。昨日地上部に出ていた茎を小さく切って整理しました。ピーマンはまだたくさん残っていて10袋程度収穫して皆さんに差し上げました。生でかじりましたがなかなかの美味でした。ナスビは今年は調子が余りよくなくて11月一杯で全て終了しました。いつもは12月の中旬位まで収穫ができるのですが、今年は何となく元気がありませんでした。
 マルチをしていますので、近々にマルチをはがして海水と汚泥肥料のグリーンコンポストを入れる予定です。汚泥肥料は例年の5分の1程度に減らします。その分海水を肥料として活用します。今年はマルチの活用方法を若干変更して「海水青草発酵液」を追肥として活用しやすいようにするつもりです。良い方法を考え付いたのです。
 早生ブロッコリーの出荷が続いています。毎日10本程度ですが、切らさずに収穫できています。今年は320本しか植えれませんでしたので、来年の早生は640本の予定で考えています。
 本日から竹山整理が始まりました。田中さんと石井先生と律っちゃんと4人で枯れたけを片付けて、明後日木曜日に竹を燃やせる準備ができました。後1か所燃やす場所を作れば完璧な体制になります。我々は3月末からしか出荷しませんが、タケノコは11月12月とすでに出荷が始まっています。高級料亭へと出荷されるのです。

2017年01月10日(火)17:12  EMの日へようこそ(第403回)
grp0110173106.jpg 800×600 268K
 写真は、ナスビ20本ピーマン20本を植えていた畑です。昨日地上部に出ていた茎を小さく切って整理しました。ピーマンはまだたくさん残っていて10袋程度収穫して皆さんに差し上げました。生でかじりましたがなかなかの美味でした。ナスビは今年は調子が余りよくなくて11月一杯で全て終了しました。いつもは12月の中旬位まで収穫ができるのですが、今年は何となく元気がありませんでした。
 マルチをしていますので、近々にマルチをはがして海水と汚泥肥料のグリーンコンポストを入れる予定です。汚泥肥料は例年の5分の1程度に減らします。その分海水を肥料として活用します。今年はマルチの活用方法を若干変更して「海水青草発酵液」を追肥として活用しやすいようにするつもりです。良い方法を考え付いたのです。
 早生ブロッコリーの出荷が続いています。毎日10本程度ですが、切らさずに収穫できています。今年は320本しか植えれませんでしたので、来年の早生は640本の予定で考えています。
 本日から竹山整理が始まりました。田中さんと石井先生と律っちゃんと4人で枯れたけを片付けて、明後日木曜日に竹を燃やせる準備ができました。後1か所燃やす場所を作れば完璧な体制になります。我々は3月末からしか出荷しませんが、タケノコは11月12月とすでに出荷が始まっています。高級料亭へと出荷されるのです。

2017年01月21日(土)08:15  EMの日へようこそ(第404回)
DSCF3704.jpg 800×600 318K
 写真は無煙燻炭器です。1年前に購入して竹炭を作る予定でしたが、なかなか時間が取れずにさぼっていましたが、昨日初めて使ってみました。宣伝以上に素晴らしい機械でした。一つ一つ職人さんが手作りの品ということでしたが、なかなかのものです。あっという間に結構な量の竹炭ができました。
 切り倒しておいた竹を軽トラに積んで、私の果樹園で石井先生に手伝ってもらって昨日の強風の中二人で作りました。勿論二人とも初めての経験でしたがなかなか使い勝手の良い機械でした。たしか15000円位だったと思います。使ってみれば非常に安い買い物だったと思います。
 本日も午前中に竹炭を作りますが、それと並行して竹炭入り泥団子を作る予定です。300個位作って畑に使います。今回畑にも大量に竹炭を入れて、畑の有機物を有効活用するために土ごと整流させて「限界突破」を試みます。
 今比嘉先生が、海に流れ着くプラスチックや流木を活用して、整流装置を使って炭に変える実験をしています。わずかな工夫で全てを炭にして畑に還元する実験も完了しています。これを使えば全ての有機物が素晴らしいエネルギーを持った肥料へと変わるのです。化学肥料にとって代わることが可能になります。
 私たちはその科学的根拠まで理解不能ですので、現場でその実証に取り組む必要があります。地球を救う大変革の担い手の一員として。頑張ります。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物