本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2016年08月09日(火)12:24  EMの日へようこそ(第381回)
DSCF3335.jpg 800×600 234K
 写真は、ズッキーニ150坪とジャガイモ150坪の後の畑です。ここにはブロッコリーの早生を2列400本と晩生を3列600本、そして1列空いた所に、私が半分を白菜、田中さんがキャベツを植える計画です。
 ブロッコリーは昨年は大変な稼ぎ頭でした。約50日の間私だけで毎日20袋を収穫することができました。収穫すると次々と新芽が出てきてそれが丁度良い大きさになってくれるのです。結局4番芽まで収穫が可能でした。
 ズッキーニは2〜3回水没しましたので、100個程度収穫できたかなあという感じでした。来年は今回のような大雨はないだろうと思いますので、来年こそ頑張ります。
 オクラが毎日10袋以上収穫できるようになりました。このオクラも2度も水没しマルチ等がはがれたりしたのですが、何とか3分の2が収穫できるまでに回復しています。収穫するのに丁度良い時間配分となっていますので、少し楽ちんです。
 ニンニク畑の手入れが始まりました。草ぼうぼうになっていますので、本日は海水を500隼気ました。明後日木曜日に田中さんと草刈りをして穴あきマルチを外す予定です。海水は草対策で、今年初めて導入しました。後一度耕うんする前に500隼気つもりです。その後2週間位してからEMを噴霧して海水を肥料化する計画です。
 海水の活用がうまくいきますように。

2016年08月14日(日)09:36  EMの日へようこそ(第382回)
DSCF3340.jpg 800×600 384K
 写真は、不耕起連続栽培用地の手入れです。ツルなしインゲンを植えていた所のインゲンを引き抜いて「グリーンコンポスト」を撒いた写真です。この上から我が家の鶏糞も撒きました。不耕起連続栽培用地の畝は12畝ありますが、そのうち6畝は「ツルムラサキ」を植えています。「ツルムラサキ」は葉っぱと新芽と両方出荷していますが、交互に毎日10袋程度収穫できています。丁度良い量です。
 今年は7月は大雨、8月は干ばつが続いていて、農家はどこも大変のようです。我が家も150坪植えている「モロヘイヤ」が干ばつで、昨年に比べて10分の1程度しか収穫できていません。おまけに水不足で茎が硬くなっていてハサミで収穫しなければなりません。モロヘイヤの収穫は手で折れる所から収穫すると全部食べられるのですが、今年は量も質も良くありません。やはり我が家にも少し植えておけばよかったなあと思っています。
 不耕起栽培用地には、秋になってから「チマサンチュ」「リーフレタス」「わけぎ」「サニーレタス」「青梗菜」「大根」昨年の稼ぎ頭の「フダンソウ」等を植える予定です。ところが今年は6畝もツルムラサキを植えていますので、しかもツルムラサキは10月一杯収穫できますので、ちょっと困っており、収穫をどうするか引き抜いてしまうか思案中です。生育状況を見ながら植え付けも検討しなければなりません。
 今日はお盆の14日の「EMの日」です。会員さんは荒木さん以外に来るでしょうか。私は年中無休です。

2016年08月21日(日)11:06  EMの日へようこそ(第383回)
DSCF3346.jpg 800×600 212K
 写真はキュウリとインゲン豆の苗の様子です。何とか植えられる程度に育ったので植えようとは思っているのですが、なにせこの暑さでおまけに雨が降らないので、植えてもすぐ枯れてしまわないかと心配です。今日の夕方か明日の夕方に植えようと思います。
 植えた後の水やりは直接根っこにはやらずに四方に掘った穴からEMの少し濃い活性液をやろうと思っています。その穴掘りもなかなか大変でした。少しずつ植えつけて行きます。
 昨日は宮崎県の日向市で「善循環の輪」が開催されて比嘉先生の講演会がありましたので一泊で行ってきました。行きも帰りも丁度高速道路を使って4時間かかりました。4時間も車を運転するのはきついのですが、EMの研修会だと行きも帰りもなぜかルンルンで気分爽快で楽しく参加することができます。
 行くときは比嘉先生の話を楽しみに行けるし、帰りは聞いた話をあれもしたいこれもしてみたいといろいろ考えながら運転できますので、あっという間の4時間が過ぎたというわけです。
 一つは「海水」と「塩」の使い方です。海水は有機肥料代わりに使うことができるし塩は草対策に使うことができるからです。肥料は今まで大量に入れていた有機物を数分の1で可能ということですし、草対策も植え付け前の畑に大量に使用することでその後の草防除が完璧になります。塩も「不耕起連続栽培用地」には欠かせない必需品として使えるのです。
 現在ニンニク用地には150坪に2.5トン投入しました。耕してから今度はEMを噴霧して植え付けの準備をします。有機物も「汚泥肥料」を1200kg入れていたのを先ずは600kgに半減させます。来年は300kgに減量と考えています。
 ブロッコリー畑には300坪に2400kg入れていますが、次回は半減させて次は4分の1へと減量します。海水が肥料代わりになるというわけです。肥料もほとんど不要になってきますので肥料代もかかりません。これからが楽しみです。田んぼにも塩で作った発酵液を毎週投入しています。

2016年08月28日(日)09:12  EMの日へようこそ(第384回
DSCF3357.jpg 800×600 200K
 写真はトウモロコシの苗です。上内のそら豆との連作の「不耕起連続栽培用地」に植えたいのですが、とにかく雨が降りません。畑は準備中なのですが、これだけ雨が降らないと水かけに行く必要が出てきます。車で片道10分もかからない場所ではあるのですが、しばらくは毎日水をかけにいかねばなりません。ちょっと負担が大きくなるので躊躇している所です。
 今日は福岡県は大雨で大牟田も12時前後は雨の確立100%となっていますので、本日植えつけようかとも思いましたが、明日からまた毎日晴れになっています。それで仕方がないので、我が家の前のかぼちゃの間に植えつけていこうかと思案しています。カボチャもそろそろ葉っぱが少なくなってカボチャが目視できるようになりましたので、何とかカボチャの間を縫って植えつけられると思います。思案中です。
 一回目に植えたトウモロコシは実がほとんど入りませんでした。理由はいつも立派なトウモロコシを出荷する平山さんという人に聞いた所6月7月と雨が毎日降っていたので受粉ができなかったのだそうです。その人も最後のトウモロコシを植えたいのですが雨が降らないので悩んでいるとの事でした。一つ勉強になりました。
 カボチャはなかなか立派なのができています。その平山さんはカボチャが日焼けして良くなかったといっていました。私はカボチャの日焼けてどんなのだろうと思ったのですが、私のカボチャも葉っぱの陰から転げ出ているのがあってそれがどうも日焼けだろうと思います。数個ありました。これも勉強になりました。
 今日は大雨とのことで、畑ができないので二次培養液を機械から取り出す仕事をしようと思ったのですが、雨はぽつぽつと来ただけです。雨雨フレフレもっと降れですね。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物