本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2016年02月03日(水)10:07  EMの日へようこそ(第353回)
DSCF2934.jpg 800×600 244K
 写真は鳥害対策用の囲い(整流装置)です。数日前今年も「チンゲン菜」をヒヨが食べにきていました。厚かましくもビニールトンネルをしているチンゲン菜の畝の中に入っていたのです。急いで整流装置を付けましたのでそれからはヒヨは来ていません。
 ここは「不耕起連続栽培用地」の一畝です。10種類程度の野菜を植えています。不耕起ですので、収穫した所には次々と苗を植え付ける事が出来ますし、好きな野菜をどの畝に植えても構いませんので、優れものの用地です。
 不耕起連続栽培用地を作ってもうすぐ1年が経過します。昨年は夏場の草に手こずりましたが、今年は何とかうまく行くと思っています。ただ畝の真ん中に敷いている厚手のビニールが劣化しているのもあるようですので、もう少し暖かくなったら付け替えをします。厚手のビニール袋が無い方は、肥料などの袋を20センチの巾に切って使うことも可能です。比嘉先生が使っていました。
 昨日は田中さんとジャガイモ畑の準備をしました。300kgの「グリーンコンポスト」を4回運んで畑に入れ、米ぬかを18袋入れ、EMを200箸けて耕耘しました。深く耕さないで良いというのに、田中さんが深く耕してしまったので、EM使いのEM知らずと言ってしまいましたが、「慣行農法の深く耕し、空気を入れる」発想から抜け出なければなりません。
 本日は石橋さんに手伝ってもらって「タラのフカシ栽培と苗作りの温室」の準備をする予定です。タラの木は2月10日に切りますので、急いで準備しなければなりません。テンプラ用のタラの芽は3月中旬から出荷です。抜群の味ですよ。

2016年02月09日(火)10:31  EMの日へようこそ(第354回)
 写真は、「タラのフカシ栽培」用のビニールトンネルの温室です。なかなか良くできたと自分では思っています。ついでにここで色んな作物の苗も作ろうと思います。例えば「ズッキーニ」を3種類作りますが、3種類とも500粒購入していますので、3種類とも3分の1を苗を作り、残り3分の2を直播きにしようと思います。全部苗にするのは大変ですので、その他の苗も同じようにしようと思います。
 タラの木は2月10日にいつも切っています。今年は結構増えていますので、2400本が目標です。タラの木も増殖中で倍くらいに増える用地がありますので5000本のフカシ栽培が目標です。
 ジャガイモを50kg購入しました。150坪の用地に植えますが、現在「グリーンコンポスト」を1200kgと「米ぬか」を18袋入れてEMをかけて耕耘しました。後2回EMをかけて耕耘し、3月1日前後に植え付けます。
 明日は「微生物の恵み・菌ちゃん市民農園」作成のための草刈りをします。借りた5反の周りにも草ぼうぼうの田んぼがありますので、草刈りをしてやると貸してくれるかも知れません。1町歩(約3000坪)以上ありますので、大変ですがこれまた楽しみです。
DSCF2938.jpg 800×600 186K

2016年02月12日(金)05:18  EMの日へようこそ(第355回)
DSCF2942.jpg 800×600 260K
 写真は、ジャガイモ用地です。メークインを作りますので、種芋は田中農園から50kg購入しました。種芋は植える日に半分に切って50倍のEM活性液に30分ほど漬けこんでから、そのまま植え付けていこうと思っています。
 昨日EM活性液の原液を200隼局曚靴泙靴拭8紕渦鵤横娃悪箸鮖局曚靴討らジャガイモを植え付けていきます。今回は黒マルチは使用せずに植え付けようと思いますので、植え付けた後に草防除のために2回ほどの土寄せが必要になります。一長一短ですが、マルチが無い方がEMの散布は楽ですが草防除もなかなか大変です。
 先日、玉ねぎ畑で抜いた草で「海水青草発酵液」を200蛤遒蠅泙靴拭この肥料は追肥用です。「生ごみ発酵液肥」も作りたいのですが、生ごみ発酵液肥は使用がちょっと大変なので「青草発酵液」にしました。「生ごみ」は「育苗土」の作成過程で使おうと思います。今年は「育苗土」が沢山必要になりますので、春用と秋用のものを作成中です。
 「育苗土」は嫌気性発酵をしないと、間違って酵母や乳酸菌が中心になって好気性発酵に進むとエネルギーがほぼ消費されてしまいます。つまり「生ごみや有機物」は「カス」になってしまいエネルギー効率が悪くなってしまいますので、理屈が必要です。
 タラの芽のフカシ栽培は半分進みました。後半分切って温度管理しなければなりませんが、今年はタラの木がかなり増えたと思っていたのですが、枯れた木も結構あって、増えたのは少しだけでした。タラの木は根っこが弱いので、草刈り等の時に根っこが痛むのだと思います。

2016年02月20日(土)15:33  EMの日へようこそ(第356回)
DSCF3006.jpg 800×600 324K
 写真は、今日植えたサニーレタスとワサビリーフです。右側の大きいのはサニーレタスです。サニーレタスを収穫した後に苗を植えたものです。上の方がワサビリーフ下の方がサニーレタスの苗です。現在べんり菜の苗が出来つつありますがもう植える所がないので、サニーレタスとリーフレタスを収穫したら、即そこに植え付けていきます。
 冬場ですので、野菜がなかなか大きくなりません。トンネル栽培でビニールマルチはしていますが、公民館に出荷するので精一杯です。3月になると随分暖かくなるのでどんどん成長してくれます。
 新しい「ミニTokio105農園」の準備が少しずつ進んでいます。昨日はやっとEMを200箸泙ました。丁度雨になって良いあんばいでEMが粉砕した草に入り込んでくれていると思います。生い茂っていたアシやセイタカアワダチソウをハンマーカッターという草刈り機で粉砕していきましたので。この用地は1品種10坪から20坪程度の畑を沢山作ろうと思っています。
 福岡県のエコ認定作物は1品種に150坪以上の用地が必要ですので、13品目そろったところで打ち止めです。後は30坪未満の用地で作物を作ります。人参やカボチャやトウモロコシ等作りたいものがメジロ押しです。

2016年02月25日(木)05:08  EMの日へようこそ(第358回)
DSCF3012.jpg 800×600 199K
 写真は、春を告げる「ふきのとう」です。沢山あるなら「佃煮」にする。少しなら「テンプラ」が絶品です。まあ何回も食べたいというものでもありませんが、一度か二度は食べることをお勧めします。ああこれがフキノトウか味わい深く濃厚な絶品の一つです。今年は「ふき」も少し植えたいなあと思っています。
 今日は田中さんと「メークイン」を植える準備をします。ジャガイモ用地150坪に4畝作って植える準備をします。3回目のEMを散布し、乗用トラクターで少し深めに耕してから「こまめ君」で植え溝を作ります。黒マルチは使わず植え付けたら草取りの為に溝を耕してレーキで少しずつ畝を立てていきます。
 植え付けは3月1日の火曜日の予定です。メークインのM玉のみを購入していますので、全て2つに切って、EMの50倍活性液に漬けこんでいきます。30分ほど漬けこんだものをそのまま溝に30センチ間隔で置いていき、レーキで両方から土をかけていきます。ジャガイモは灰をつけることも干すことも不要です。EM効果でほぼ100%が発芽します。掘るときもスコップ1本で大丈夫です。
 慣行農法で植える人は、ジャガイモを有機物を使って植えるとブツブツや黒い斑点が付くので駄目だと言いますが、そんな事は全くありません。立派な美味しいジャガイモが沢山収穫できます。
 そろそろブロッコリーの収穫が始まります。自分の家で食べる分を何度か収穫しましたが、なかなか美味しく成長しています。今日はついでにブロッコリーの下葉をかききって「ブロッコリーの青草発酵液肥」も作ります。現在200肇織鵐で「青草発酵液肥」を発酵中です。追肥として全てのものに使用でき、発酵した草は肥料として有効活用できますので、優れものの一つです。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物