2018年06月05日(火)12:54  EMの日へようこそ(第475回)
DSCF5887.jpg 800×600 256K
 写真は「ブラックコンクリート(通称ブラコン)」です。これは1個のブラコンでEM泥団子(元気玉とも言う)100個分以上の効力を発揮します。例えばプールの浄化にはEM活性液200箸鬘臆鹽蠧する必要があるのですが、これをプールの4隅に設置して結界を作るとEMの投入量が何と20箸鬘臆麁れれば良いとなるわけです。
 今全国各地でこのブラコン作りが行われています。私ももう少し早く作る予定だったのですが、ついつい遅くなってしまいました。今日は雨だったので丁度良い機会となってくれました。
 材料はコンクリート10kg、砂10kg、塩3kg、竹炭5kg、水代わりにEM1号3箸犯羃点萓犬ら頂いた特製パウダー50gが入っています。ブラコンには使いやすいように1個ずつS字管も取り付けています。
 先ず私は我が家の「整流」を行います。我が家の2階にネズミが住み着いて冬場はいつも運動会があっています。ネズミ捕りを仕掛けたり毒餌を置いたりしましたら、ネズミの仇返しで、パソコンのコードを3回もかじられてしまいました。今はおとなしくしていますが、理由は蛇が2階に上がっていくからです。壁の間から大きな蛇が時々出たり入ったりしています。
 このブラコンを家の下周りと2階の外側に設置して、家の中を「整流」し、ネズミを追い出そうというのです。これもEMの活動家の間ではどんどん広まっています。我が家も頑張ります。ブラコンによる海や川の浄化も進んでいます。

2018年06月13日(水)04:26  EMの日へようこそ(第476回)
DSCF5916.jpg 800×600 253K
 写真は、竹山の頂上で竹炭を作っている様子です。竹炭は作っても作っても足りない位の需要があります。先日はカボチャ用地に「20kgの塩袋」に15杯を作って入れました。昨日はさらにグリーンコンポストも入れてEMを散布しました。カボチャ用地には、後草対策でもう一度塩を撒く予定です。
 カボチャ用地とトウモロコシ用地とイノシシ対策用地に「黄金クモ」がそれぞれ巣を張っていました。「黄金クモ」が生息する環境が整っているという事は、人間にとっても素晴らしい環境になっているという事になります。ただ「黄金クモ」の為の畑ではありませんので、個体数の確保には限界があります。
 やっと猪対策用地に「大ネギ」の種を播きました。4畝作りましたが芽が出てきたらコウロギ等に食べられないように監視しなければなりません。この畑は初めて種を播くことになります。イノシシ対策と草対策と畑作りに苦労しましたがやっと稼働します。夏には白ネギの苗を作って、秋には春菊を植える予定です。
 ニンニクの販売終了の目途が立ちました。今年は種用に2000本ほど保存しましたので販売用が少し減っています。来年は種の確保と販売用を両立させなければなりません。

2018年06月19日(火)04:49  EMの日へようこそ(第477回)
DSCF5941.jpg 800×600 234K 写真は清水寺「本坊庭園」の入り口です。ここを上ると本坊庭園が一望できる立派なお堂があります。中から見る本坊庭園は見事なもので春夏秋冬それぞれで素晴らしい景色が味わえます。どうぞ一度ご覧になって下さい。県の有形文化財にも指定されています。鎌倉時代に「雪舟」があちこちで作った庭園の一つだそうです。
 EMで浄化を初めて5年位けいかしたかなぁと思っています。池の上流から水を引き込んでいますので、そこに2ヵ所EM100肇織鵐を設置して、夏場は月に3回春秋は月に2回、冬は2カ月に一度程度流し込んでいます。EMさんの活躍でうまくいく月と、アオコが増えて困った月といろいろありましたが、何とか続けています。
 今年からEMの材料を運ぶだけでEMの発酵流入はご住職にお願いしました。大きな理由は私が年を取って来て、EM材料を池の上流まで運ぶのが大変になってきたことです。それでご住職が自ら発酵させています。
 比嘉先生の教えでEMをさらに強化するために「ブラコン」を設置してEM材料を減らすことにしました。これで材料の重量が3分の1程度に軽減できましたのでちょっと安心しています。ブラコンとは現在日本の各地で私たちのようなEM愛好家が作り始めたもので「EM」「塩」「竹炭」「コンクリート」「砂」「比嘉先生作成の特性EMパウダー」を使って、牛乳パックやお茶のみカップやビール飲みカップ等に入れて作成します。
 日曜日に開催した私の「6月度EM最新講座」では使用希望者が沢山出てきましたので、本日作成しようと思っています。材料は前回の丁度倍購入しましたので、450ccのビール飲みカップで120個程度できる予定です。今日は雨ですので、丁度おあつらえ向きです。ちなみに1個が「泥団子=元気玉」100個分以上の効力を発揮します。水浄化の新戦術です。

2018年06月19日(火)04:49  EMの日へようこそ(第477回)
grp0619053006.jpg 800×600 234K
 写真は清水寺「本坊庭園」の入り口です。ここを上ると本坊庭園が一望できる立派なお堂があります。中から見る本坊庭園は見事なもので春夏秋冬それぞれで素晴らしい景色が味わえます。どうぞ一度ご覧になって下さい。県の有形文化財にも指定されています。鎌倉時代に「雪舟」があちこちで作った庭園の一つだそうです。
 EMで浄化を初めて5年位けいかしたかなぁと思っています。池の上流から水を引き込んでいますので、そこに2ヵ所EM100肇織鵐を設置して、夏場は月に3回春秋は月に2回、冬は2カ月に一度程度流し込んでいます。EMさんの活躍でうまくいく月と、アオコが増えて困った月といろいろありましたが、何とか続けています。
 今年からEMの材料を運ぶだけでEMの発酵流入はご住職にお願いしました。大きな理由は私が年を取って来て、EM材料を池の上流まで運ぶのが大変になってきたことです。それでご住職が自ら発酵させています。
 比嘉先生の教えでEMをさらに強化するために「ブラコン」を設置してEM材料を減らすことにしました。これで材料の重量が3分の1程度に軽減できましたのでちょっと安心しています。ブラコンとは現在日本の各地で私たちのようなEM愛好家が作り始めたもので「EM」「塩」「竹炭」「コンクリート」「砂」「比嘉先生作成の特性EMパウダー」を使って、牛乳パックやお茶のみカップやビール飲みカップ等に入れて作成します。
 日曜日に開催した私の「6月度EM最新講座」では使用希望者が沢山出てきましたので、本日作成しようと思っています。材料は前回の丁度倍購入しましたので、450ccのビール飲みカップで120個程度できる予定です。今日は雨ですので、丁度おあつらえ向きです。ちなみに1個が「泥団子=元気玉」100個分以上の効力を発揮します。水浄化の新戦術です。

2018年06月26日(火)05:41  EMの日へようこそ(第478回)
DSCF6011.jpg 800×600 268K
 写真は、聖護院大根の後を「ワケギ」に変更した畑・右側と昨年から「ワケギ」を植えている畑・左側です。10m位ありますので、二畝で塩を丁度20kg撒きました。ワケギは8月のお盆過ぎから植えつけていきますので、先ず塩を撒いて少し肥料を入れて、後竹炭を作って肥料として入れます。ワケギですので追肥が必要ですので、後は竹炭の追加と「EM海水発酵液」を切れ目なくかけてやらねばなりません。
 ワケギは「5穴」全てに植えつけていきますので、この2畝で約1000本、それからキュウリ・ピーマン・ナスビとの連作場所には真ん中を除いた4穴に500本を植えつける予定です。キュウリやピーマンやナスビは穴あきマルチにしておくと追肥ができるので楽ちんです。
 昨日やっと果樹園の「大石中生2本」と「サンタローザ1本」にカラス除けの「仮り整流装置」を付けました。整流装置が間に合わず「大石早生」が半分カラスに食べられてしまいましたので、早く早くと思いながらやっと付けました。もうカラスが食べ始めていましたので、後1週間後には収穫開始です。大石早生も美味しいのですが、大石中生はもっと大振りで素晴らしい美味しさです。
 果樹園の整流装置は来年に向けて本式に設置していきます。「電柱」と「ブラコン」と「整流シール」があるとすごく楽ちんで設置できます。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。