本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2016年12月07日(水)04:39  EMの日へようこそ(第396回)
DSCF3652.jpg 800×600 394K
 写真は高菜を植える石井先生です。まだジャガイモの茎と葉っぱが残っています。手前の手袋と高菜の苗は反対側で植えつけている私の手袋です。
 二人とも春収穫の高菜の植え付けは初めてです。インターネットでは11月末から12月上旬が植え付け適期となっていました。急いで植えたのは、EM海水発酵液を活用すれば.肇Ε皀蹈灰鍬大ネギとジャガイモ9盧擇函孱穫∈遒皺椎宗廚膨戦してみたかったためです。おかげで大ネギを2畝ジャガイモを3畝植えていたのですが、すごく成長が早くてジャガイモも大ネギも限界突破に近い現象を起こしていました。それで、急いでジャガイモを掘りあげて3連作目に挑戦したのです。
 ジャガイモは福岡県のエコ認証作物として認可を受けていますので、来春のジャガイモは150坪植えつけます。秋は植え付け場所がなかったので、20坪の土地に植えつけたものです。
 現在ニンニク畑の横に植えていますが、その上の0.4反の土地が空き土地になりましたので、貸してもらうように交渉中です。貸してもらうことになれば、そこには春にトウモロコシ秋に大ネギの連作栽培の予定です。
 来年は1月にカボチャとニガウリとトウモロコシと里芋の認証申請を、7月には大ネギの認証を受ける予定にしていますので、それぞれ150坪ずつ植えつけなければなりません。高菜は当面20坪の土地での植え付けを予定しています。
 旧三池農業高校では「高菜の小森漬け」が有名でした。今も小森先生に2樽「小森漬け」を作ってもらっています。小森先生が必要であれば高菜の認可も申請するかもしれません。海水と海水塩と海水発酵液を活用するようになってから有機物の使用が極端に減少し、生育に必要な時間も若干短くなったようですので、また欲が出てしまいました。地球環境の蘇生に向けて頑張ろう。

2016年12月11日(日)11:50  EMの日へようこそ(第397回)
DSCF3656.jpg 800×600 266K
 写真は10日に開催した「九州地区EM各県世話人会」の皆さん方です。会議の後私のTokio105農園とブルーベリー園を見学してもらいました。佐賀県と沖縄県が不参加でしたが、19名の方に参加していただきました。12月8日にはU−ネットの執行委員会も開催されましたので、執行委員の鹿児島県の山下理事の報告も楽しく聞かせてもらいました。
 各県で理事を中心にした難病対策も進んでいるようですが、やはり鹿児島県の山下理事の取り組みが一番のようです。現在30名の難病対策を進めているとの事でした。
 私が「ツクネ芋」の保存に仕方が分からない、何回も穴に埋めたりして「種イモ」として使うための努力をいろいろ工夫したがうまくいかなかったと報告したら熊本県の理事から「家の中で箱に入れて、上からセラミックパウダーの袋を載せていれば大丈夫」と教えてもらいました。そういわれればセラミックの威力を考えもしなかったなあと思った次第でした。早速使ってみます。
 安保徹先生が急死と連絡が入りましたが、マスコミには一切報道がありません。安保先生は講演の中で、私が死んだら殺されたと思ってくれといつも発言していたそうですが。安保先生は免疫学の観点から「現在医学」「薬の弊害」を鋭く攻撃していました。いまから思うと怖い世の中になっているのかもわかりません。

2016年12月18日(日)05:25  EMの日へようこそ(第398回)
DSCF3665.jpg 800×600 227K
 写真は早生ブロッコリーです。あと少しで収穫開始です。早生ブロッコリーは初めて植えました。収穫適期は11月末から12月となっていたのですが、苗の届くのが3週間ほど遅れましたので、収穫開始は後1週間後になりそうです。
 早生ブロッコリーは360本、晩生ブロッコリーは600本ほど植えています。昨年から植え始めました。昨年は晩生は3月5日から4月10日まで出荷していました。かなり長期に出荷できています。蕾は4回まで摘み取ることができましたが、さて早生はどんな具合になるでしょうか。楽しみです。
 現在Tokio105農園ではニンニク、玉ねぎ、スナップエンドウ、晩生ブロッコリーがすくすくと成長中です。ミニTokio105農園では春菊、高菜、からし菜が成長中です。 
 来年からTokio105農園に「トウモロコシと大ネギの連作場所」が登場します。現在0.5反の畑を確保して、海水発酵液500箸罰た紕毅娃悪箸鮖気ました。イノシシ除けの電気柵もついていますし、ニンニク畑の隣ですので好都合です。ここもマルチは使わずに―草剤は海水と塩⊇菌剤はEM発酵液殺虫剤はグリーンキープマンを使います。無農薬無化学肥料栽培です。
 今日は日曜、午前中は「EMの日」で自宅待機、午後は「EM最新講座」を吉野地区公民館で開催します。さあ会員さんが何人来るかしら。

2016年12月24日(土)11:24  EMの日へようこそ(第399回)
DSCF3674.jpg 800×600 306K
 写真は3月に収穫する予定の作物を「トンネルマルチ」を使って作成し始めたものです。ここは不耕起連続栽培用地です。3月頃が公民館に出荷する野菜が少ない時期ですので、それを補うために「トンネル栽培」にします。つまり温度管理をして野菜を作るのです。4月になると苗もでき始めますので、冬に植えた野菜を切り取ると同時にその場所へ苗も植えつけていきますので、年間を通して「不耕起連続栽培用地」が活用できるという実験場所なわけです。
 3月にはタラの芽や早生玉ねぎが採れ始めますが、出荷するには到底数が足りません。それでトンネル栽培で、チンゲン菜やビタミン菜やサニーレタスやリーフレタスを一時しのぎにトンネル栽培をしています。チンゲン菜とビタミン菜とアスパラ菜の種をまきました。もう少し頑張って後数種類植えつけます。
 早生ブロッコリーの収穫が始まりました。15個ほど切り取る事ができました。12月1月2月と収穫できれば良いのですが、なにせ早生ブロッコリーは初めてですので、いつまで収穫できるかわかりません。昨日は早生ブロッコリーの下葉をもいできました。この下葉を活用して「青草発酵液」を作ります。「青草発酵液の材料」は野菜の残さでも草でも何でも構いません。みんな素晴らしい追肥用の液肥として活用できます。さらにコショウをたっぷり入れて発酵させるとモグラ対策にもぴったりです。
 今日は13時から石井先生と、新しく借りた「トウモロコシと大ネギ」の「連作用地」の手入れをします。竹を切って電気柵の棒に一緒に立てて「鳥忌避用の整流装置」を作ります。トウモロコシの大敵はカラスです。カラスはトウモロコシの上に載って押し折って食べます。大変上手に食べてくれますので、整流装置をつけて対処します。作り方はとても簡単です。EMと電池と紐が必要です。

2016年12月31日(土)14:23  EMの日へようこそ(第400回)
DSCF3679-1.jpg 800×600 304K
 写真は私の家の玄関横に植えてある里芋とジャガイモの葉っぱです。植えてあるといっても、残った種をただ捨てていただけですが、まだ葉っぱがしっかりしています。畑のジャガイモは11月末で全部掘りあげましたし、畑の里芋の葉っぱは全部霜で無くなってしまっています。この玄関横には椿やユキノシタやオモトや女郎花まで植わっています。とにかくごちゃまぜに何でもおいているという感じなのですが、ここが一番EMがかかる所なのです。すぐ横の洗い場でバケツ等を洗いますので、残ったEMを常にかけている場所なのです。
 大体EMをかければかけるほど野菜も果樹も元気になります。その典型がこの部分だろうと思います。そんなことで頑張っているEMと野菜たちに1年のお礼のつもりで写真を撮りました。
 今日は31日、明日は2017年の元旦です。今日は畑仕事はせずに、EMの種菌仕込みと燻製作りに励みました。燻製は鶏とイノシシの肉です。畑をお借りしている所にいつも年末に鶏の燻製を届けているのですが、今年は仕込みが遅くなって31日になってしまいました。今ボイルをしています。2時間ボイルの後2時間風乾して85度で2時間燻煙器で燻煙します。
 明日の正月に孫が鶏の燻製を食べたいと言っていましたので、何とか間に合いそうです。皆さん今年もお疲れ様でした。また明日から1年間頑張りましょう。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物