本日本日
昨日昨日
総合

お問い合わせ
FAX: 0944-58-4875
TEL: 090-5383-4348
MAIL: tokio105em@gmail.com
Facebook: tokio.mori.98
特設
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生
EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになり、善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。善玉菌をクリックしてみて下さい。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。
2010年06月07日(月)04:32  EMの日へようこそ(第99回)
grp0607082921.jpg 400×300 48K  写真は、清水寺の庭園を背景にした宮崎さんです。素晴らしい景色の庭園です。ところが、上流の堤が汚れてきたのか夏になると池に「アオモ」が発生するようになったとの「ご住職」の話でした。
  ホームページ「みやま市瀬高町『清水寺』」で掲載されていますので、是非ご覧下さい。「清水の舞台から飛び降りた気持ちで」の有名な清水寺の系列の由緒あるお寺さんです。近くの人であれば、一度はお参りにいったことがあると思います。駐車場には、参拝者と散歩コースを回る人の車が一杯でした。
  アオモの発生で臭いがすることと藻の撤収で大変だということで、EMでの浄化活動が始まりました。数年前に池の清掃で、バキュームカーで吸い上げたそうですが、予算は数百万円かかったそうです。EMでの浄化は初年度が約20万円、2年目からは13万円程度かかりますが、即答をいただきましたので、早速取り掛かりました。清水寺のご紹介は、同じ系列のお寺の島田ご住職にいただきました。わざわざお連れいただきありがとうございました。
  池の上流に100肇織鵐を2個設置して、月に数回100箸鯆樟槊入させる方法をとりました。タンクと糖蜜を持ち上げるのが大変でしたが、宮崎さんが手伝ってくれたので、1時間でセットできました。
  恐らく下流の川からは、来年は蛍の発生が見込まれます。数日前は1匹飛んでいたとの事でした。途中で「元気玉・EMどろ団子」を投入すれば100匹はいけるかなと、一人でニンマリしています。蛍の餌のカワニナ、カワニナの餌のクレソンが気になります。池は恐らく3ヶ月できれいになる予定です。2週間後に投入します。乞うご期待下さい。
  昨日午前中のEMの日には8名のかたに来ていただきました。丁度野菜は.縫鵐縫玉ねぎジャガイモがありました。ムチャクチャ安くてムチャクチャ美味しいEM野菜です。次回のEMインストラクター養成講座受講予定の方より、掲示板への投稿がありました。ありがとうございました。
  午後からは、田中さんのハウスのビニール張りを約2時間手伝ってから「清水寺」へEMを仕込みに行きました。帰りに稲の苗に水をかけてきました。もちろんEMも時々かけることにしています。
  お疲れ様でした。

2010年06月14日(月)05:31  EMの日へようこそ(第100回)
grp0614081108.jpg 400×300 49K  写真は、清水寺庭園の上流に仕込んだ100肇織鵐からEMを流し込んでいる宮崎さんです。仕込んで1週間が経ちましたので発酵完了です。EMが大好きな温度は36度で人間の体温と同じです。5月から9月までなら、ほぼ1週間で発酵し使うことが出来ますが、それ以外は大気中の温度が下がりますので、少し時間がかかります。冬場には1ヶ月以上が必要です。
  庭園の場所を選んで3ヶ所写真を撮りました。すでにアオモが発生している場所と、石のある所と、コンクリート製(?)の土管状のものがある一番深い場所です。2週間に1回ずつ比較したいと思っています。撮影技術の向上が必要です。費用もその内公開する予定です。
  大牟田も昨日梅雨入りしました。朝は急いで小野さん堤にセットしている病院の1トンタンクを堤に流入しました。雨で堤一面にEMが広がっていくので、いつも雨が降るときに流入させています。タンクは明後日仕込みます。それから病院の畑も宮崎さん生魚さんに手伝ってもらってやっと畑の準備が完了しました。
  土曜日も日曜日も大忙しでした。雨の中5人の会員さんに来ていただきました。有り難うございました。おかげで、黄色コショウとオクラを植えてなす・ピーマン・自然薯・トマト3種の手入れと、里芋の草の手入れができました。小学校のサツマイモ植えの連絡がまだ来ていませんが、梅雨に入ったので早めに植えなければなりません。
  

2010年06月21日(月)04:21  EMの日へようこそ(第101回)
grp0621075228.jpg 400×300 49K
  ブログの書き換えも100回を超すことができました。今日が101回目になります。お蔭様でこの頃は結構アクセス数も増えました。EMの魅力とその環境浄化能力の教宣活動の発信のために頑張ります。
  写真は「夕子が10羽」の夕子たちの玉子です。鶏は現在夕子が10羽と「幸子2世雛」が10羽います。その他に養鶏場から買ってきた雌鳥が4羽います。親鳥14羽で毎日12個位玉子を産んでくれています。
  「幸子2世」が玉子を産み始めたら「4羽の分」が「燻製」なります。毎年1ヶ月雛を購入して、毎年親鳥10羽を更新しています。つまり毎年10羽が燻製になっている訳です。農業高校にいた時代に燻製の作り方を教えてもらったので、現在非常に役に立っています。
  今日は鶏の餌を紹介して「鳥インフルエンザ」なんかヘッチャラな免疫力がアップする餌作りの方法を考えます。牛や豚やヤギの「口蹄疫」も理屈は同じです。私の餌も「農協」で売っている20k1500円の「鶏の餌」が基本です。ということは、当然餌の中には通常の家畜が食べている輸入ものの抗生物質たっぷりの穀物も入っているということです。
  基本は餌を「EMで発酵」させることにあります。有害物質や抗生物質等を発酵させて被害を最小限に抑えることにあります。材料は々愼した餌10に対して、∧討未15、カキガラ1、いず米1、ゥ皀蹈悒ぅ0.5、Ε灰轡腑0.5を基本にしてEMで3ヶ月発酵させると出来上がりです。
  モロヘイヤの粉はすぐなくなるので、今年は少し大量に作る予定です。また、今年は「日本1の玉子」を目指して少し工夫を凝らします。餌にД茱皀、┘オバコ、ドクダミ、アップルミントを入れる事にしました。これ位薬草を入れると鶏も元気になると思います。勿論農薬は使わない薬草です。
  口蹄疫や鳥インフルエンザのウイルスは空中をいつも飛び回っています。宮崎県で行われている消毒方法は決して万全ではありません。まして消毒によって、「善玉菌」も「悪玉菌」も全て殺してしまうので、結局「牛や豚」まで殺してしまわなければならなくなるのです。
  口蹄疫や鳥インフルエンザはの大量発生は、病気にならないための免疫力アップはせずに、抗生物質と農薬のたっぷりかかった「安価で大量の輸入雑穀」に頼る日本の「農業政策」の欠陥でもあるのです。宮崎県の北部にあるえびの市の畜産農家に「EM活用農家」があります。ここの畜産農家からは1匹の被害も出ていないのです。行政は「被害の無い農家」の実態を調査するべきです。なぜ口蹄疫にかかっていないのかの調査が必要なのではないでしょうか。今のままの「農政」ではまた、次々と犠牲が出てくるでしょう。
  昨日のEMの日には8名の方に来ていただきました。ありがとうございました。昼からはEM講座と日中友好協会の総会がありました。田んぼの代掻きも昨日してもらいました。田植えは23日の水曜日に行うとの事でした。

2010年06月24日(木)04:41  EMの日へようこそ(第102回)
grp0624075352.jpg 320×240 49K  写真はヤマモモの実です。大きくて少し黒ずんでくると、生食が一番です。甘くてほんのり子供の頃に野山を駆け回った記憶が思い出されます。
  私は、大分の豊後豊岡という所で生まれました。子供の頃の思い出は4歳年上の兄に連れられて、山に自然薯を掘りに行ったりアケビをちぎったり、川でうなぎやカニを取ったりして遊びまわっていました。
  黄金蜘蛛の飼育が趣味であるのも、子供の頃の「現風景」のなせる業でしょうか。蜘蛛を取ってきては蜘蛛の喧嘩をさせていましたので黄金蜘蛛が一杯いる夢を今でも良く見ます。あの黄金蜘蛛の子孫は今でも元気でしょうか。
  家の庭に1本のヤマモモの木を植えています。ヤマモモは近くに雄木がないと結実しないそうですので、近所にあるのだと思います。毎年ちぎって昔の味を楽しみ、そして果実酒にします。糖分少な目の果実酒ですので嫁さんには不評ですが、私には丁度良い味です。以前は果実酒を10種類位作っていましたが、置き場所がなくなったので今は3種類位です。
  ブログを木曜日と月曜日の早朝書き込む事にしました。お蔭様でアクセス数も毎日10人を超すようになりました。拙いブログですがEMを活用した環境蘇生に頑張ります。昨日田植えが完了しました。次の写真は、清水寺庭園の浄化の比較写真です。日曜日に写してきます。


2010年06月28日(月)04:20  EMの日へようこそ(第103回)
grp0628084227.jpg 320×240 47K  写真は清水寺の庭園です。浄化の進捗状況報告のための写真なのですが、今回は梅雨時で水が濁っていて底が見えませんでした。この写真の所は前回アオモが生えていた場所です。大きくなったのか小さくなったのか。私も楽しみにしていたのですが、残念です。次回を楽しみにお待ち下さい。
  前回との比較写真は、34号用地「清水寺」に入れます。今度は2週間後でなく1週間後の写真を撮りたいと思います。
  昨日は、雨の合間を縫って、宮崎さん生魚さん塚本さんに手伝ってもらって秋野菜の植え場所の発酵処理をしました。草も一杯生えていましたので肥料を入れ、EMをかけてブルーシートで覆いました。白菜を植える場所ですので、念を入れて発酵させます。8月にもう一度EMをかけて肥料を入れます。
  それと、甘いエンドウの後に2番目のキュウリ20本を植えました。これでキュウリは50本程度になりました。野菜はないかとお客さんに言われるのですが、売るほどのものがなかなかありません。でもキュウリは今から大量に収穫できます。キュウリは「キュウリの辛子漬け」となります。これが実に旨いのです。1週間で食べられて3ヶ月持ちます。1kが250円です。
  それから、もう一つ大量に収穫できるものが「モロヘイヤ」です。昨日苗を60本程度植えました。7月中旬から9月中旬まで沢山採れます。鶏の餌用にも使いますので大量に必要なのです。栄養価は満点。夏ばてに効くEMモロヘイヤをどうぞ。
  昨日のEMの日には9名の方が見えました。ありがとうございました。それから、午後から魚市場の近くの某公民館で1トンタンクを仕込んできました。タンクには7月8日から配布と張り紙が張られました。第3期EMインストラクター養成講座の参加申し込みが10人を越えましたので、7月4日から4日間12時間の講座を実施します。次の書き換えは木曜日です。

過去ログ 2007年01月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 
2030年01月 

一覧 / 検索
来週の野菜と販売できる物