2030年01月02日(水)
 
更新情報


2020/10/02 森家農事メモ更新しました。
2020/09/24 森家農事メモ更新しました。
2019/12/01 掲示板更新しました。
2019/11/01 掲示板更新しました。
2019/04/01 tokio105農園更新しました。
2019/02/03 tokio105農園更新しました。



続きを見る(過去の更新履歴)



2017/12/10 実験用地更新 2-35用地「猪対策実験用地」 に写真を追加しました
2017/12/02 実験用地更新 5-22用地「ニガウリ用地」 に写真を追加しました
2017/11/26 実験用地更新 1-1用地「限界突破現象」 に写真を追加しました
2017/11/25 実験用地更新 2-35用地「猪対策実験用地」 に写真を追加しました
2017/11/02 実験用地更新 1-1用地「限界突破現象」 に写真を追加しました
2017/10/06 EMの作り方・使い方にレシピを追加しました 美味しいイノシシ肉の食べ方
2017/07/08 EMの作り方・使い方にレシピを追加しました ズッキーニの料理法
2017/05/12 実験用地更新 5-11用地「里芋畑」5-46用地「ズッキーニ畑」 写真を追加しました
2017/05/05 実験用地更新 5-54用地「ツクネ芋」 写真を追加しました
2017/04/30 実験用地更新 5-15用地「トウモロコシ」5-36用地「人参」 写真を追加しました
2017/04/18 実験用地更新 5-11用地「里芋畑」5-26用地「ジャガイモ畑」 写真を追加しました
2017/04/16 実験用地更新 3-20用地「唐杉バラ園」 写真を追加しました
2017/04/13 実験用地更新 5-15用地「トウモロコシ」 写真を追加しました
2017/04/11 実験用地更新 3-20用地「唐杉バラ園」5-15用地「トウモロコシ」写真を追加しました
2017/03/29 掲示板更新しました。
2017/02/08 10-09用地「善循環の輪」 善循環通信320号 を追加しました
2016/12/12 10-09用地「善循環の輪」 善循環通信317号 を追加しました
2016/11/15 実験用地更新 10-09用地「善循環の輪」 善循環通信316号を追加しました
2016/09/21 実験用地更新 10-09用地「善循環の輪」 善循環通信312号を追加しました


それ以前の履歴



2020年10月20日(火)06:00  EMの日へようこそ(第566回)
DSCF8577.jpg 800×600 279K
 写真は早生玉ねぎの畝です。各500本植えられます。左はエンサイとの連作、右はワケギ畑を「終活」し早生玉ねぎにしました。来年は両方ともエンサイとの不耕起連作となります。ワケギの畝の方は穴が開きすぎて破れましたので張り替えました。
 玉ねぎは塩に弱いので、塩は畝と畝の間にしか撒いていません。肥料は「EM木灰」が中心です。来年になって根が活着し元気になったら「EM海水発酵液」を追肥として使います。あるいは「米のとぎ汁EM発酵液」も追肥の材料となります。
 マルチを張り替える時の「海水塩の使い方」には注意が必要です。塩を撒いてEMを数回かけて1カ月が経過した場合は塩害は出てきませんが、塩を撒いてEMを一度だけかけて穴あきマルチを張ると、穴からEMが入ってその部分は大丈夫ですが、マルチの下のEMのかからない部分は塩の肥料化が遅くなるので「塩害」が生じます。お気をつけ下さい。
 そろそろ早生玉ねぎ苗が届くころですので、次は赤玉ねぎ500本用に3畝目の「エンサイ畑の畝」の手入れが必要です。5穴の穴あきマルチの1・3・5列目にエンサイを植えていますが、全部切り取り引き抜かねばなりません。エンサイは後2畝残っていますので、急いで処分しなければなりません。玉ねぎ3畝の後は来年5月1日に「エンサイの種」の不耕起連続栽培となります。

2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2030年 01月 

一覧 / 検索
〜守る環境保全から 攻める環境蘇生へ〜
攻める環境蘇生

EMは農薬や化学肥料や、果てはダイオキシンまで分解し、今般 放射能まで激減することが実証されました。
米のとぎ汁は、悪玉菌につかまればヘドロになりますが、
善玉菌につかまればヘドロを分解する浄化源になることができます。
90%以上いると言われている「日和見菌」は善玉菌と悪玉菌の強い方に味方します。
微生物の世界も勢力争いが続いています。
EMの実践場所は どこにでも いっぱいあります。
EMは使うことそのものが、環境蘇生活動になります。
毎週日曜日と水曜日の午前中(9時から12時まで)『森家にて』実施の「EMの日」へお出かけ下さい。